鉢物管理基礎編indexへ

鉢物の管理の基礎

鉢花・ガーデニング植物の摘心と整枝
 こんもりとした姿にしたかったのに、一本だけ長く伸びて花が咲いてしまったとか、草丈が長く伸びて姿が乱れてしまったとか、そんなことがよくあります。自然形には自然形の良さもありますが、ほとんどの植物は、姿をよくするための作業が必要です。

○摘心で枝数を多くする
 放任しておいても自然に草姿が整う種類もありますが、自然のままでは直立したままであったり、枝数が少なく、草丈が伸び過ぎる種類も少なくありません。このためには生育初期に新芽をつみ取る摘心作業を行う必要があります。摘心すると、すぐ下の節から複数の新芽が伸び始めて、枝数が増加します。1回の摘心でよい草姿にならない時は2回以上この作業を繰り返します。この作業を行えば、こんもりとした姿に仕立てることができます。まずほとんどの植物でこの作業は必要だと考えればよいでしょう。でも、チューリップなどのように先端に花が咲いて、腋芽が出ない植物は摘心してはなりません。摘心できる植物は、腋芽が出る植物だけですが、ほとんどの植物は摘心できます。
 摘心は、芽が伸び始め、指先で芽を摘むことができるぐらいに育てばなるべく早く行いますが、苗を植え付けた場合は、普通は1〜2週後になります。春先など新しい芽が出始めたときは、伸び始めてすぐに行います。
○切り戻しで株を更新する
 多年草や花木類など毎年花の咲く種類は、花が咲き終わって後、放任しておいたのでは草丈が高くなり、草姿が乱れてしまいます。そこで、一般的には花後には切り戻しや刈り込みを行います。かわいそうで、つい遠慮がちになりますが、かなり思い切った切り戻しをする方が、その後の草姿はよくなるし、株を長持ちさせることになります。刈り込めば、すぐ下の節から新しい芽が出始めます。
 春から秋にかけて次々に咲く花でも、盛期が過ぎた段階で一度刈り込みを行うと、再び良い姿で咲き始めます。ペチュニアやバーベナなどがそれに当たります。
 多くの花木類などは、花後に刈り込んでから伸びる新しい芽に、来年の花芽が形成されます。刈り込み時期が遅れると来年花が咲かない危険性があります。
 宿根草類は冬に地上部がほとんど枯れて、地下部が残り、春になって新しい芽が出る植物ですが、この場合は、冬になってからさらに地際で再度刈り込みを行います。これらは春に新しく出た芽に花芽がつきますから、昨年の芽は要らないのです。
 いずれにしても刈り込みは重要な作業です。
○咲き終わった花は早めに摘み取る。
 咲き終わった花は「花がら摘み」という作業を行います。終わった花をそのままにしておくとボトリチス病などの発生の原因になります。房状や穂状の花は、まず一つ一つの花を摘み取ることが大切です。そして、その花茎全体が咲き終わったときは、花茎の付け根から切り取ります。
 咲き終わって無くても、梅雨時など雨に当たってシミが出る花があります。このシミは、多くの場合はボトリチス病にかかったもので、放っておくと伝染源になりかねません。シミの出た花は思い切って摘み取ります。