鉢物管理基礎編indexへ

鉢物の管理の基礎

観葉植物の殖やし方C 取り木
挿し木葉挿し株分け茎伏せはクリック
 親木から切り離さずに発根させる繁殖法ですから、失敗が少なく、始めから大きな苗が得られるのが特色です。主に木本性の観葉植物に利用でき、ドラセナ類、コルジリネ、ゴムノキ類、シェフレラ、パキラ、デジゴセカなど多くの植物で行えます。大きく育ちすぎたもの、下葉が落ちて頂部だけに葉がついて姿の悪くなったものなどを新たに育て直すのには便利な方法です。根づいたときには中鉢程度に仕上がっているのですから、枝分かれしている大きな株から、取り木でふやすのもよいでしょう。

○適期
 5〜9月ならいつでも行えますが、最適期は5〜7月です。このころのものは、冬を迎えるまでに十分に根づいて丈夫な株になっているからです。

○印付近で取り木する。取り木するときにじゃまな葉は1枚くらい切り取ってもよい

 取り木は、どの部位でもできますが、早く大きな株にしたいと欲張って、低い位置で行うのは、好ましくありません。というのは、発根して切り離すときに、大きな地上部の生育をまかなうだけの十分な根の量にはならないからです。適当な取り木の位置は、インドゴムノキの場合で頂部から3〜5枚、コルジリネで7〜8枚程度の葉の下で取り木をかけます。
○取り木の種類と方法
環状剥皮法切り込み法の二つの方法があります。ゴムノキ類やシェフレラなどの双子葉植物はどちらの方法でもできます。しかし、ドラセナ類、コルジリネ、ヤシ類などの単子葉植物は切り込み法しかできません。
☆環状剥皮法
よく切れる刃物で、リング状にやや深い切り込みを、1〜2pの間隔で2段入れます。そして、この間の表皮を確実にはぎ取ります。表皮は案外分厚いものです。表皮の一部が残っているようでは、表皮を再生する方向にすすんでしまい、うまく発根しません。ゴムノキ類のように白い汁液が出るものは、よく洗いとります。そして、湿った水苔をこぶし大ぐらいに巻つけ、乾かさないように透明のビニールフィルムで包みます。ビニールは紐で下をきつく結び、上は水やりがしやすいようにゆるめに結びます。これらの作業をするのに邪魔になる葉は、少し切り落としてもかまいません。環状剥皮をした部分は折れやすいので、支柱を添えておくとよいでしょう。その後は水苔を乾かさないように注意し、ときどき水を与えます。
皮の剥き方
1〜2cm間隔で、皮にナイフで深い切り込みを入れる縦にも切り込みを入れる皮をはがす完全に皮をはがす。中の白い芯が完全に出るように

ミズコケの巻き方と発根後の植え方
皮を剥いた部分の周りに湿ったミズコケを巻く。その外側をビニールで包み、上下を縛る。十分に発根したら、矢印の部分で切り取るミズコケをつけたまま鉢に植える
☆切り込み法
取り木をしたい部位に小刀で下から斜め方向に深い切り込みを入れます。その切れ込みの間に湿った水苔をはさみ込み、切り込んだ上下の組織がくっつかないようにします。そして水苔を巻き付けますが、その他の作業と管理はすべて環状剥皮法と同じです。
切り込みの入れ方
幹に下から斜めに深い切り込みを入れる 切り込みにミズコケを挟み込む.
その他の作業は剥皮法と同じ。
○切り取りと鉢上げ
 1か月もすれば根がビニールの内側に見えてきますが、ちょっと見えたぐらいでは、まだ切り離すのには早すぎます。もしいつまでも見えないようでしたら、剥皮や切り込み不足による失敗でしょうから、再度切りなおします。
 ビニールの内側に根がたくさん見えるようになってから、発根部の下で本体から切り離します。これまでに種類にもよりますが、2か月ほどかかります。そして、ビニールだけはずして、水苔はそのままで鉢に植え付けます。10〜15日ぐらいは日陰に置き、毎日葉水を与えて、早く根づかせます。そして、徐々に日光になじませ、新芽が伸び始めれば、その植物に好適な光の条件に移します。