鉢物管理基礎編indexへ

鉢物の管理の基礎

鉢花・ガーデニング植物の植え替え
 栽培期間が長くなると、鉢植えの場合は古い根が鉢いっぱいになり、用土の通気性や水はけが悪くなり根腐れを起こします。これを避けるために、1年に1回は植え替えをします。また、多年草などで、数年間そのままにしておくと、株が密生した状態になり老化し始めるので、株分けを行いながら植え替えて、若返りを図る必要があります。

○植え替えの適期
 植え替えの適期は種類によって違います。多年草は花の終わった時期が一つの目安です。
 温帯原産の多年草は春か秋のいずれかが適期で、春〜初夏咲きの種類は概して、秋の9月下旬〜10月の始めごろが植え替えの適期になります。時期が遅れると十分に育たないまま冬を迎えるので、越冬が難しくなるので、遅れないように作業をします。夏〜秋咲きの種類は当年春の3〜4月ごろに行うのが無難です。

 熱帯原産の多年草は春が原則で、秋に行ったのでは耐寒性が弱くなります。
 花木類の場合もほぼ同様の考え方でよいでしょう。落葉樹は温帯性ですが、春の新芽がふくらむ前の2〜3月ごろに植え替えます。常緑樹は春の3〜4月に行います。なお、熱帯原産の花木は、暖かくなってから植え替えるので、およそ4〜6月ごろになります。
○植え替えの手順(鉢植えの場合)
 鉢から抜くときは、鉢のさんのところを下に向かって叩けば反動で抜けます。土が乾いていると抜きにくいし、根を傷めるので、必ず少し湿った状態で作業します。そして、生きた根をなるべく切らないように注意して土をほぐし、腐った根を取り除きます。古土を落とす量は、普通は3分の1ほどで、根の再生力の強い植物では2分の1以上でもかまいません。植え替え適期でない時は古土を崩しません。
 一回り大きな鉢の底に少し用土を入れ、株を中央に配置して、鉢と根の間に用土をつめます。この時に株周りに隙間ができやすいので、ていねいにしっかり詰めます。水はたっぷり与えて用土を落ち着かせ、半日陰で管理します。新芽が動き始め、活着したのを確認できれば、その植物の最適な環境の場所に移します。
 鉢を大きくしたくない時は、土をやや多めに落とし、同時に地上部も切りつめ、上下のバランスをとる必要があります。