ホ ー ム園芸百科鉢花図鑑観葉図鑑豆 知 識

園芸豆知識・雑学編A植物知識編





花が咲くまでの齢は??
図 鑑






@リュウゼツランの花が咲いた姿(中国雲南省)
★1年草は1年以内に花が咲きますが、多年草の場合は最初に花が咲くまでの年数は種類によってたいへんに異なります。普通は、花が咲くことで一生を終えるわけですが、多年草の場合は株が残って、また新しく出た枝に花が咲くのが普通です。ですから、園芸利用されている多年草は、挿し木をして増やしたりしながら、毎年花が咲くように管理できます。

パイナップル科の植物は、ブロメリアとかアナナスといいますが、その多くは2年ほど育てると、筒状になった葉の間から花を咲かせます。そして、花が咲けばその株は終わりますが、葉腋から子株が出て、それが育ち、次は子株の方に花が咲きます。シンビジウムなどのラン類もそのほとんどが2〜3年で花が咲くようになります。そして、新しく出たバルブに、翌年の花が咲きます。もちろん、アナナス類でも、ラン類でももっと開花までの齢が必要な種類はありますが、あまり長くかかる種類は、営利的な園芸植物にはなりません。

 ★ところで、その「齢」の長さで有名なのはリュウゼツランです。リュウゼツランは葉を観賞するので、開花までの齢は長くても問題になりませんが、実際には40年以上の齢にならなければ花が咲かないと云われています。これは、ロゼット径が3〜4mにもなる大型のアガベで、日本でも公園などに植栽されていますが、4m以上にも伸びる花茎には豪快な花穂がつきます。写真はこのリュウゼツランの豪快な花茎が林立する珍しい風景ですが、中国の雲南省で写しました。ちなみに、リュウゼツランの故郷(原産地)はメキシコです。