ホ ー ム園芸百科鉢花図鑑観葉図鑑豆 知 識

園芸豆知識・雑学編@植物と民俗、お国ぶり編





祝儀花、不祝儀花のお国ぶり





 ★中国の開店祝いでは、豪華なスタンド盛花がたくさん並びます(写真左:中国雲南省)。赤い布で覆われたスタンド部分と贈り主の名前を書く大きなリボンがやたら目について、肝心の花がかすんでいるようです。

 ★スタンド盛花のデザインの基本的なパターンは、国によってずいぶん違うものだなあと思います。それぞれの詳しい解説をするよりも、以下にアジアの国々で写した盛花の写真を並べますから、比較してみてください。その国を代表するデザインを写したとは限りませんが、お国ぶりが出ていると思います。主に、花屋や市場で写した写真ですから、一部を除いてリボンなどはまだ着いていません。





中国 


祝儀盛花は全国的に見てパターンがかなり似ているように思えますが、不祝儀盛花は必ずしも似ていないように思えます。下段右のハート形のものなどは、一つの工夫なのでしょう。なお、中国のキクは黄色が主体で白の需要は少ないと一般に云われていますが、不祝儀花の場合は必ずしもそうではありません。





韓国 


祝儀、不祝儀ともに3段に花を飾るスタイルが多いようです。不祝儀花は徹底して白色を使います。花市場にはリボンに字を書く専門家がどこも常駐しています。





タイ


左端は不祝儀花ですが、色物も入ります。





ベトナム







インドネシア







フィリピン
ラオス
台湾