ホ ー ム園芸百科鉢花図鑑観葉図鑑豆 知 識

園芸豆知識・植物の名前雑学編





歴史上の人名が着いた古典園芸植物あれこれ





 ★ハツユキカズラオウゴンニシキなどは園芸店でよく見る馴染みの植物ですが、これはテイカカズラの園芸品種です。テイカカズラは「定家葛」と書き、歌人として有名な藤原定家にちなんだ名前です。

 ★ムラサキシキブはまさに「紫式部」の名前そのものです。小さくて優美な紫色の果実が紫式部にふさわしいと考えたのでしょう。ただし、鉢物として出回っているのはコムラサキシキブ(小紫式部)です。

 ★ベンケイソウは弁慶草と書きますが、これは丈夫な植物なので弁慶にたとえたのでしょう。これも鉢物で流通しているのは大型のオオベンケイソウ(大弁慶草)です。

 ★ヒトリシズカ(一人静)はやぶかげに咲く可憐な花で山野草として栽培されますが、源義経の愛人であった静御前との悲しい別離にちなんで付けた名前だと云われています。

 ★日本原産のランでは大輪花であるクマガイソウ(熊谷草)とアツモリソウ(敦盛草)は熊谷直美と平敦盛に因んでいます。その唇弁が、源平合戦の時の両者の戦いで背負っていた母衣(ほろ)に見立てたと云われています(写真右上はクマガイソウの仲間)

テイカカズラの園芸品種’オウゴンニシキ)

コムラサキシキブ

オウベンケイソウ

ヒトリシズカ