ホ ー ム園芸百科鉢花図鑑観葉図鑑豆 知 識

園芸豆知識・面白い形態編





世界一大きい豆・モダマ






@巨大なモダマの豆果(タイ)

Aモダマの豆(タイ)

Bモダマの豆をバケツに入れて販売(タイ)

Cモダマの豆で作ったおもちゃ(タイ)
 ★莢の長さが1.5mほど(写真@)、豆の直径が5〜7cmほどもある巨大な豆があります(写真A)。世界一大きい豆です。その名はモダマ(藻玉:Entada phaseoloides)。大きいことから「象豆」とも云います。

 ★モダマは屋久島以南の西南諸島、東南アジア、太平洋諸島の海岸部のマングローブ林や常緑樹林帯に生育する大型の蔓植物です。まめが巨大なだけに植物も巨大、曲がりくねった蔓は木質化し、他物に絡まって育ちます。

 ★豆は長く発芽力を保ち、海流に乗って各地の海岸に漂着します。もちろん、日本の海岸にも漂着します。このため、昔はこの豆の正体が不明で、海藻の種子であると考えたのが、名前の「藻玉」の由縁だろうと考えられます。

 ★ところで、この豆の莢は木質化して、莢の状態でも室内インテリアに使われますが、中の豆は褐色で平たく、光沢があってたいへんに美しく、ペンダントや装飾品として広く利用されます(写真C)。蔓もまた、オブジェなどに愛用されます。このため、豆を採取したり、伐採したりするだけでなく、海岸や河口域の開発によって自生地域が破壊されるなど、モダマは絶滅の危機が心配されています。でも、タイのフリーマーケットでは、かなり販売されています(写真B)。