ホ ー ム園芸百科鉢花図鑑観葉図鑑豆 知 識

園芸豆知識・面白い形態編





カボチャの雑談@ ・・・種類のいろいろ



Cセイヨウカボチャ(中国成都)

Dセイヨウカボチャ(カリフォルニア)

E雑種カボチャ(セイヨウカボチャとニホンカボチャの雑種)

@鹿ヶ谷カボチャ(ニホンカボチャ)

A土田カボチャ(ニホンカボチャ)

Bチリメンカボチャ(ニホンカボチャ)


Fズキーニ緑系(ペポカボチャ)(韓国)

Gキンシカボチャ(ソーメンカボチャ)(ペポカボチャ)


Iカボチャ提灯(ペポカボチャ)
 ★カボチャほどバラエティに富んだ果実も少ないでしょう。もっとも、カボチャと一口に言っても、カボチャ属の総称であって、ニホンカボチャ(Cucurbita moschata)、セイヨウカボチャ(C. maxima)、ペポカボチャ(C.pepo)の三つが代表的な種類としてあります。カボチャはすべて中米原産ですから、ニホンカボチャといっても、日本のものではありませんが、古くから日本で定着した種類と考えればよいしょう。日本に渡来したのは1541年頃といわれていますから、コロンブスがアメリカ大陸を発見してから50年後には日本に来ています。ちなみに、カボチャの名は、カンボジアから来たということが由来です。
 

 ★「ニホンカボチャ」は、江戸時代に各地で栽培され、品種の改良も進みました。写真@は、京野菜として代表的な「鹿ヶ谷カボチャ」で、ヒョウタン型のたいへんに特異な形態をしています。このカボチャ、不思議なことに種子は下のふくらんだ部分だけにあって、上のふくらみにはありません。もちろん食用ですが、観賞用としても面白いものです。写真Aは土田カボチャで、愛知県のローカル品種です。このように、ニホンカボチャには伝統的なローカル品種が多数あります。写真Bはチリメンカボチャで、ニホンカボチャの代表的な品種の一つです。

 ★現在、出回っているカボチャはほとんどが「セイヨウカボチャ」またはニホンカボチャとの雑種品種(写真E)です。一般にクリカボチャと称しているものはセイヨウカボチャです。日本では扁球形の濃緑色をしたものばかり見ますが、、外国ではいろいろ形や色の変わったものを見ます(写真CD)。

 ★セイヨウカボチャは概して甘みが強く、ふっくらと仕上がるので、現在ではこの味が好まれるようです。その故に、ニホンカボチャは駆逐されたような感じです。しかし、ニホンカボチャは醤油味に適しているといわれ、今もなお根強い人気はあります。

 ★もう一つの「ペポカボチャ」、これは国際的に見ればかなり重要なカボチャなのですが、どうも日本では馴染みが薄いようです。でも、意外と身近にあるカボチャなのです。たとえばズッキーニがあります(写真F)。また、一般にソウメンカボチャと呼ばれているキンシウリがあります(写真G)ます。これは、果肉があたかも素麺のような繊維状です。

Hおもちゃカボチャ(ペポカボチャ)

J巨大なカボチャ(でもこれでは数十kg程度)

 ★ペポカボチャといえば、花き園芸の分野では「おもちゃカボチャ」あるいは「かざりカボチャ」と称する形や色がたいへんに面白い小型の観賞用カボチャが有名です(写真H)。(上記のペポカボチャのことは「カボチャの雑談A」参照)。

 ★ハロウインには、アメリカではカボチャで作った提灯を飾ります(写真I)。これは、ケルト人の行う宗教的な行事で、本来はカブで作っていたものですが、この習慣がアメリカに渡ってカボチャになったようです。日本で云えばお盆の送り火のようなものでしょうか。

 ★カボチャの果実の形態はたいへん多様性がありますが、その大きさについても驚くべきものがあります。この大きさを競うコンテストが世界各地で開かれています。巨大カボチャの品種はセイヨウカボチャにもペポカボチャにもあります。どのぐらいの大きさになるかといえば、何十kg程度は誰でも作れます(写真J)。と一口に言っても、手で持ち上げれるのはとても無理な大きさです。日本の各地で行われるコンテストでも200kgぐらいのものが出品されています。世界記録は800kgを超しているとのことです。海外のコンテストでは500kgぐらいは頻繁に出ています。これだけ大きいと移動には重機を使うほかないでしょう。カボチャは世界一大きな果実と云うことになるでしょうか。一年草なのによくこれだけ大きな果実が出来るものです。

 ★以下に外国の八百屋で見たカボチャのいろいろを並べてみました。撮影した国の名前を入れてあります。日本で見かけるもの、見ないものなど多彩です。





以下は、外国の八百屋で売っていたものですから食用ですが、観賞用にしても良いようなカボチャもたくさんあります。


韓国

韓国

韓国

韓国

韓国

ミャンマー

ミャンマー

ミャンマー

ミャンマー

ラオス

米国

米国

米国

米国

米国

タイ

タイ

タイ

タイ

マレーシア

タイ

タイ

タイ

タイ

タイ

中国・成都

中国・成都

中国・成都

中国・長春

中国・長春

中国・瀋陽

中国・瀋陽

中国・瀋陽

中国・昆明

中国・長春

中国・昆明

中国・昆明

中国・昆明

中国・昆明

中国・昆明

台湾

台湾

台湾

台湾

台湾