ホ ー ム園芸百科鉢花図鑑観葉図鑑豆 知 識

園芸豆知識・面白い名前編





ハンカチノキ






@ハンカチノキ(Davidia involucrata
 ★中国の雲南省や四川省では、白いハンカチをたくさんぶら下げたような20m近い大木を見かけます。ハンカチノキといいます。写真@のように、2枚の苞が異常に大きく発達した花なのですが、この苞の長さは20cm近くにもなり、これが満艦飾になったときの姿はまさに、ハンカチで覆われたようで、たいへんに印象的です。これは植木として日本の公園などでも見かけます。この植物はネマミズキ科(ミズキ科)のダビディア(ハンカチノキ)属の落葉高木です。


Aコンロンカ(Mussaenda parviflora
 ★一方で、コンロンカ(写真A)がときに「ハンカチの花」という名前で流通している場合があります。もちろん、正式な名前ではありません。コンロンカの白い花弁状のものは萼が変化したもので、長さは3〜4cmと小さく、ハンカチノキの花(苞)とは大きさの桁が違います。ハンカチノキが怒ってしまいそうなニックネームですね。コンロンカは漢字で書けば「崑崙花」でしょうが、このようなニックネームはコンランカ(混乱花)になってしまいそうです。コンロンカはアカネ科コンロンカ属の常緑低木で、日本南部〜台湾の原産です。