ホ ー ム園芸百科鉢花図鑑観葉図鑑豆 知 識

園芸豆知識・面白い名前編




パンノキ
図 鑑






@パンノキの幼樹(タイ)
  ★「パンノキ」という植物があり、深く切れ込んだ大きな葉がエキゾチックな美しさがあるので、観葉植物として利用されていますが(写真D)、熱帯では名前のとおり、食料になる植物です。

Aパンノキの大木(インドネシア)

Bパンノキの花(タイ)

Cパンノキの果実(インドネシア)B

 ★英名は「 breadfruit」ですから、これを単純に翻訳した和名です。何故パンノキという面白い名前が付いたのでしょうか。それは後のことにして・・・。

 ★パンノキは、世界一大きい果実として知られるジャックフルーツ(パラミツ)と同じ仲間のクワ科パンノキ属の植物です。高さは、20mほどになる高木で(写真A)、集合花が咲き(写真B)、球形から球状楕円形の大きな果実ができます(写真C)。直径は20〜30cmにもなり、さすがジャックフルーツの仲間だといった雰囲気です。原産地は太平洋諸島と思われますが、東南アジアの国々で広く栽培されています。

 ★果実は、生食するのではなく、加熱して食しますから、果物と云うよりは、主食的な用途に使います。パンノキには2種類あり、一つは、果実に種子が出来ない3倍体の品種で、もう一つは種子がたくさんできる2倍体の品種です。

D観葉植物として鉢植えされたパンノキ

 ★この種子の出来ない方の果実は、無核果といい、この果肉には大量の澱粉があります。この部分を焼いたり、煮たり、蒸したりして、現地の人々は食べます。この料理法があたかもパンを焼くように、西洋人の目に映ったのでしょう。どうも、パンノキの名の由来はこのあたりにあるようです。味の方は、パンと云うよりは、ジャガイモか、甘みのないサツマイモのような感じですから、味からはパンノキの名が付いたとは思えません。また、果実の形態もパンとは無縁のように思えます。

 ★種子が出来る方のパンノキは、種子の大きさが直径2.5cmほどで、この種子を煮たり焼いたりして食べますが、やはり、パンノキの神髄は、種子の出来ない無核果にあるように思えます。