ボンバックスという名前の観葉植物を購入したのですが、どういう植物ですか。これがどうも元気がなく、葉が黄色くなってきました。何故でしょうか。
ボンバックスはキワタ(パンヤ)科のキワタノキ(ボンバックスBombax)属の植物をさしています。ちなみに、パンヤ科には観葉植物としてはパキラがあります。
ボンバックス属には10種近い植物があって、もっとも有名なのは、パンヤを取るキワタノキ(ケイバとも、パンヤノキともいいます)です。原産地はインドから台湾までの亜熱帯〜熱帯地域です。キワタノキ以外のものはほとんどの種類は熱帯アメリカ原産です。
 いずれにしても、ボンバックス属の植物は落葉樹で、元々原産地でも葉が落ちるのです。ですから、原因にもよりますが、葉が黄変したり、落ちることはあまり気にしなくてもかまいません。耐寒性もさほど弱くはなく、普通の室内なら十分に越冬できます。5〜8℃が越冬温度ですから、普通の家屋ならこの温度は十分に得られます。
しかし、冬は環境がよくないので、落葉しやすいかと思います。このときに、水が多いと根腐れを起こします。冬は水を少なくして、春のよい環境条件の下で新しい葉が元気に出るのを待つのがよいでしょう。
ホームページ観葉植物百科目次へQ&A目次へ