カラテアの葉が巻いて、茶色くなり、美しい斑が消えてきました。
美しい斑模様がぼけてくる原因は、光の強すぎ、乾燥、ハダニの被害、根詰まり、肥料のやりすぎなどです。光が強いと葉が茶色くなり、水不足や空気の乾燥で葉は丸く巻いてきます。夏の間は常に湿っているようにし、強い光を避けることです。
ホームページ観葉植物百科目次へQ&A目次へ図鑑と解説へ