ディフェンバキアが鉢いっぱいになったので、ふやしてみたいのですが。。
ディフェンバキアは子芽がよく出る株立ち性の品種が最近は多くなっています。だから株分けをするのが最も簡単です。2〜3分割程度が無難ですが、多量にふやしたい場合は細かく分けてもかまいません。根がとれた茎は挿し木に使えます。子芽を出さない茎立ち性の種類や、茎が長く伸びてしまったものは、茎を2〜3節ずつに切って茎伏せします。適期は5〜6月です。
ホームページ観葉植物百科目次へQ&A目次へデフェンバキアの図鑑と解説へ