フィカス・プミラの葉がどんどん落ちてきます。どうしてでしょうか
落葉の原因は、根腐れか空気の乾燥のいずれかです。低温期に水が多いとすぐに根腐れします。冬は土の表面が白くなってから3〜4日後に与えます。ただし、湿度は必要ですからときどき葉に霧水は与えます。夏は普通の水やりでかまいません。
購入したときには美しいアーチ型に仕立てられていたフィカス・プミラの姿が乱れてきました。どうすればよいでしょうか。
植物は育つのが原則ですから、放任しておけばどうしても形が乱れてきます。このために、きれいなアーチ型を保つには、それなりの手入れが必要です。初めは伸びてきた枝だけ、葉を2〜3枚程度残して摘み取ります。これを伸びる枝全てに適当に繰り返します。枝の込み具合のさびしい部分があれば、そちらの方に枝を誘引してやることも一部では行ってもかまいません。このようにすれば、葉の密度が高くなり、アーチの厚みが増して、かえって美しくなっていきます。
なお、摘み取っていっても次第に形が崩れてきたときには、思いきって全体をはさみで刈り込んで、形を整えると良いでしょう。再び葉や枝が出て再生してきます
ホームページ観葉植物百科目次へQ&A目次へフィカス・プミラの図鑑と解説へ