ゴールドクレストの内側の葉や枝の色艶が悪くかさかさになってきました。乾燥するとよくないと聞いていたので葉水は毎日与えています。枯れるなら枝の先から枯れると思うのですが、枝の先健在です。
葉水だけでは植物は育つことができません。この症状は明らかに水不足です。樹木の仲間は、水切れが起こっても葉が萎れるなどの反応はすぐには出ません。そして、気がついたときは手遅れということが多いのです。しかし、葉水を毎日与えておれば、水不足状態になっても、表面の葉だけは枯れないで、生きているという症状が出ます。
健全な生育のためには土にはたっぷりと水を与える必要があります。そして、次の水やりの時期は表土が白っぽく乾いてからとします。乾かないうちに水を与え、いつも湿った状態にすれば根腐れが起こります。
ゴールドクレストの葉や枝が枯れてきて、葉がどんどん振るい落ちてきました。どうしたものでしょうか。
水不足か空気の乾燥が原因です。
樹木の仲間は、水切れが起こっても幹や枝にある水分でしばらくは耐えますから、葉が萎れるなどの反応が出たときは、すでに、手遅れということが多いのです。
さて、対策としては、まず、葉を少し強くしごくようして、葉をふるい落としてます。簡単に落ちる葉は、もうだめな葉ですから、思い切って、ふるい落としてます。次に、枯れた枝を切り取ります。
枝の切り口が茶色いのは枯れた部分ですから、切り口に生気があるところまで切り詰めます。枝によっては付け根まで切らねばなりません。
枝の整理が終われば、次に、水をたっぷり与えます。水は与えるときには底から流れ出るほどたっぷりと与え、次は表面が乾くまで待って、またたっぷりというやり方が良いのです。新芽が動き始めるまでは、葉水も1日に2回くらい与えます
ホームページ観葉植物百科目次へQ&A目次へ図鑑と解説へ