ギニアアブラヤシ(アブラヤシ)

画像をクリックすれば拡大できます

@(マレーシア)

A(マレーシア)
学名Elaeis guineensis
和名ギニアアブラヤシ
別名 アブラヤシ
英名oil palm African oil palm
科名ヤシ科
属名アブラヤシ属
性状常緑高木
原産地西部熱帯アフリカ
 マレーシアにはアブラヤシの大規模なプランテーションがたいへん目立つ。延々何キロにもわたってアブラヤシの農園が続く。ヤシ油を採取するための栽培である。ギニアアブラヤシは単位面積あたりの産油量が油量作物として最も高く、ヤシ油の生産量は植物油の中で第一位だという。

 なかなか雄大なヤシである。高さは20m以上になり、幹の頂部に長さ5m前後の葉を40〜50枚ほど着ける。農場で見るアブラヤシはかなりの樹齢のものが多く、幹にはシダ類などの着生植物が繁茂しているものが多い。雌雄同株で、雌花には鶏卵大の果実が集合してたくさん着く。、1房で10kg以上、大きいものは80kgほどにもなるという。

 果肉と種子から油が採取できるが、果肉から採れる油はパーム油といい、黄色のバター状である。種子から採れる油はパーム核油といい、無色の液状である。前者は主に調理用に使うほか、マーガリン、ロウソクなどの原料とする。後者は同じように食用油に使うが、マーガリンを含め加工食品用などに主として使われる。

 熱帯アジアでは大規模な栽培が見られるが、高温性の植物であり日本で見ることはまずない。

ホームページに戻る