アカシア・クサントロエア

画像をクリックすれば拡大できます

@アカシア・クサントロエアとキリン(ケニア)

Aアカシア・クサントロエアの樹形(ケニア)

Bアカシア・クサントロエアの花(ケニア)

Cアカシア・クサントロエアのとげ(ケニア)
学名Acacia xanthophloea
和名
別名
英名yellow acacia, fever tree
科名マメ科
属名アカシア属
性状常緑高木
原産地熱帯アフリカ
 アフリカのサバンナ地帯に生育する高さ25mにもなるアカシアである。キリンの大好物で、この木が生えている樹林帯に行くと必ずといっても良いほどにキリンに出会う。サバンナ(Savanna)は乾季と雨季のある熱帯に分布して、疎林と潅木を交えた熱帯草原地帯のことである。この疎林を象徴する樹木はユーフォルビア類とアカシア類のように思えるが、アカシアでは本種とアンブレラアカシアが代表的である。

 アンブレラアカシアはまばらに樹木がある地帯に多いが、本種はやや密に樹木が生えている地帯に多いように思える。アンブレラアカシアほど特徴ある樹形ではなく、ごく平凡な樹形である。キリンがこれを食べている風景がごく普通に見られるので、アカシアなんだと認識する程度である。

 刺はなんとも鋭い。長さは10cm以上は十分にある。そしてアンブレラアカシアが白花なのに対して、本種は黄色花である。アカシアらしい球状の花である。英名はイエローアカシアというが、花の色からそう呼ばれているのか、樹皮が黄色の紛状の物質で覆われているためなのか、いずれかが命名の由来なのであろう。葉は羽状複葉で、小さな小葉が10対ほど着く。 

ホームページに戻る