アリアケカズラ

画像をクリックすれば拡大できます

@アリアケカズラの花(西表島)

@アリアケカズラの植栽(西表島)

Bパーゴラを覆うアリアケカズラ(ベトナム)
学名Allamanda cathartica
和名アリアケカズラ
別名 アラマンダ
英名golden trumpet,yellow allamanda
科名キョウチクトウ科
属名アラマンダ属
性状常緑低木
原産地熱帯アメリカ
  フェンスやパーゴラなどを覆うように咲く鮮やかな黄色のトランペット状の花が美しい。熱帯アメリカ原産ではあるが、世界中の熱帯、亜熱帯地域で広く見かける熱帯風景の一つである。

 花は漏斗状で径5〜7cmほど、先端が5裂し、濃黄色で美しい。花は茎の頂部に数個着き、次々と咲く。さらに、開花時にはすぐ下の腋芽が伸長している場合が多く、その後これにもその次の花が着くので、全体として長期にわたって花が咲く。

 若枝は茎が細く、半つる性で、高さは3mほどは伸びる。葉は革質でやや細長く、3〜4枚が輪生する。

 本種には品種が多く、オオアリアケカズラの名で流通するものは花径10cmほどにもなる。また、葉の色がシルバーグリーンのものなどもある。

 また、アラマンダ属には数種の実用種があり、本種の他に、ややコンパクトなヒメアリアケカズラ(A. neriifolia)、花色が赤紫のアラマンダ・ヴィオラアケラ (A. violacea)なども植栽される。

 アラマンダは、日本では沖縄県などの亜熱帯気候の地域で庭園などにかなり植栽されている。しかし、寒さに弱いので、その他の地域では露地植は無理で、植物園の温室などで見る程度である。しかし、鉢花としては、少量ではあるが流通している。

ホームページに戻る