バンクシャ @スカーレット・バンクシア

画像をクリックすれば拡大できます

@売店で見たスカーレットバンクシア
(写真は全て西オーストラリア州)

A自生しているスカーレットバンクシア

B同上
学名Banksia coccinea
和名
別名 スカーレットバンクシア
英名scarlet banksia, waratah banksia, Albany banksia
科名ヤマモガシ科
属名バンクシア属
性状常緑低木
原産地豪州
 バンクシャはオーストラリア固有の植物で、茎の先端につく花序が円柱形や円錐形になるユニークな花形をしている。この花序には1000個以上の小さな花が密に着き、開花時には花柱が突出して、花序全体がブラシ状になる。バンクシア属は60種ほどあり、花序の形や大きさ、花色などは多彩であるが、美しさと実用的な視点からは、スカーレットバンクシアが最も有名である。

 スカーレットバンクシアの花序は、幅8〜10cm、長さ6〜8cmと幅が広いずんぐりした円柱形である。花弁は灰色であるが、赤色の花柱が長く伸びて、花序全体は鮮やかな赤色に見える。花序が美しく、日持ち性もたいへんよいので、切り花として多用される。パース市内の花屋や、露店の売店などではバケツに無造作に入れて販売している。日本へも切り花がかなり輸出されている。

 本種は西オーストラリア州の固有種で、高さ3mほどの低木である。砂礫質土壌の潅木林の中などにひっそりと自生している。しかし、花序の色が鮮やかなのでかなり目立つ。葉は広楕円形で、長さ10cmほど、周辺は切れ込みがある


他のバンクシアへのリンク
フッカーズ・バンクシア
その他のバンクシア

ホームページに戻る