ブシュカン

画像をクリックすれば拡大できます

@店頭に並ぶ鉢植えのブシュカン
(中国・福建省)

A店頭に並ぶ鉢植えのブシュカン(中国・広東省)
学名Citrus medica var. sarcodactylis
和名ブシュカン(仏手柑)
別名 ブッシュカン、
英名Buddha's hand citron, fingered citron
科名ミカン科
属名ミカン属
性状常緑低木
原産地インド
 果実の先端が手の指のように細く分かれた奇妙な形のミカンである。面白い形をしたミカンがあったものである。あたかも千手観音を彷彿させる雰囲気がある。シトロンの変種で「仏手柑」という。

 これは中国で、特に華中以南で、たいへんよく見かける。庭植もあれば鉢植えもある。台湾や東南アジアでもよく見かける。

 このブシュカンは果肉はほとんど無く果皮ばかりなので、食べる部分がない。したがって生食には適さない。もっぱら観賞用で栽培されるが、中国では砂糖を加えて煮たものを食べるようである。

 かなり高温性の柑橘なので、冬の間果実が観賞できるのは日本では暖地だけである。また、植物園などで見かけることもある。中国では、多様な品種が育成されており、仏の手の形もかなり様々なものがある。

ホームページに戻る