カロタムヌス・クアドリフィドス

画像をクリックすれば拡大できます

@(西オーストラリア)
学名Calothamnus quadrifidus
和名
別名
英名onesided bottlebrush, common nut bush
科名フトモモ科
属名カロタムヌス属
性状常緑低木
原産地豪州
 英名がonesided bottlebrush(片側のビンブラシ)というように、茎の片側だけに花穂が着くユニークな花形である。西オーストラリア州の潅木林や草原の砂礫地によく見かける低木である。

 直立性の低木で、たくさん分枝し、高さ、幅ともに2.5mほどになる。枝には針のような長さ3cmほどの葉が密に着く。

 花は枝の側面に穂状に多数着いて、雄しべが20cmほどに長く繋がって伸びて、半ブラシ状になる。この雄しべが赤色なので、花穂全体が赤色に見える。

 園芸的には利用価値が高く、栽培品種も多い。矮性のもの、花色も白、黄などがある。オーストラリアでは庭園にかなり植栽されている。なお、本種の仲間のカロタムヌス属には約40種類の植物がある。

ホームページに戻る