カルポブロツス・エドゥリス

画像をクリックすれば拡大できます

写真はいずれも南アフリカ


学名Carpobrotus edulis
和名莫邪菊(ばくやぎく)
別名
英名Hottentot-fig, ice plant, highway ice plant, sour fig
科名ハマミズナ科
属名カルポブロツス属
性状常緑多年草
原産地南アフリカ
南アフリカのケープ地方の原野には、3稜形の高度な多肉葉を着けた植物が各所で大きな群落を形成しており、これがたいへん目立つ。葉は長さ10cmほど、幅1〜2cmで、淡緑色をした高度な多肉である。茎は匍匐して、1mくらいは伸びるので、一株でもかなり大きな株になる。

 この多肉植物、繁茂しているだけでも見応えがあるが、9月下旬頃には、花茎を出し、黄色の大きい花を多数着ける。これがなかなか美しい。花の径は10cmほどで、細長い花弁が多数着く。花の色は多少の変異があり、淡黄色のものから濃黄色のものまである。

 英名でこの植物はHottentot-fig(ホッテントットのイチジク)といい、花後にかなり大きい果実ができる。熟すと褐色になり、多汁でイチジクのような小さな種子を含むのでこの名がある。ジャムなどにも加工する。

ホームページに戻る