コノスティリス

画像をクリックすれば拡大できます

Conostylis sp.

Conostylis crassinervi?

Conostylis bracteata?
学名Conostylis spp.
和名
別名 コットンヘッド
英名cone flowers, cotton head, cotton tops
科名ハエモドルム科
属名コノスティリス属
性状常緑多年草
原産地豪州
 カンガルーポーにかなり近い仲間であるが、ふかふかした手触りの花穂が特徴的である。カンガルーポーの一種キャッツポーと同じような環境を好むようで、オーストラリア南西部の草原や明るい林床などの砂礫地でキャッツポーとともにたいへんよく見かける。分布範囲はかなり広く、分布密度も高い。

 小形の多年草で、高さ30cmほどのものが多い。葉は剣状で、かなり硬質、ロゼット状に叢生する。基部の葉腋から花茎を伸ばし、その頂に5〜10個ほどの花を着ける。花穂は2〜3cm程度の球形である。花の色は主に黄で、時に白、黄茶などがある。

 コノスティス属の植物はたいへん多いが、全てオーストラリアの固有種で、西オーストラリア州に分布する。姿のよい植物であるが、園芸植物としては流通していないように思える。

ホームページに戻る