コスツス・ウードソニー

画像をクリックすれば拡大できます

@シンガポール

A(タイ)

B(タイ)
学名Costus woodsonii
和名
別名 コスタス・スピラリス、コスタス・ウッドソニー
英名red button ginger, red cane, scarlet spiral flag
科名オオホザキアヤメ科
属名ケイロコスツス属
性状常緑多年草
原産地中米〜西印諸島
 茎の頂部にはキャンドルのような赤色の穂状花序が着き、光沢ある緑葉とのコントラストが美しい。赤は苞の色で、本当の花は苞の間から伸びて咲くが、赤〜橙色で、唇弁は長さ4cm余である。

 茎はほぼ直立し、高さ1〜1.5mほどに伸び、長楕円形の葉を螺旋形に着ける。葉の長さは20cmほど、少し光沢がある。

 熱帯アジアでは、庭園などに広く植栽されている。大きな株や群植されている花壇などでは、光沢のある赤色の花穂がたくさん着いて、エキゾチックな景観ができる。たいへん美しい。

 日本では沖縄などの亜熱帯地方で庭に植えているが、その他の地域では露地植はできない。植物園などの温室で見ることができる。

ホームページに戻る