コティレドン・オルビクラタ

画像をクリックすれば拡大できます

写真はいずれも南アフリカ
@コティレドン・オルビクラタの花

A遠くから見たコティレドン・オルビクラタの群落

Bケープ地方で最も普通に見られるコティレドン・オルビクラタ
学名Cotyledon orbiculata
和名園芸名:輪廻(りんね)
別名
英名
科名ベンケイソウ科
属名コティレドン属
性状常緑低木
原産地南アフリカ
 南アフリカのケープ地方の草原や草丈の低い潅木地帯で、コティレドン・オルビクラタの群落が各所で見られる。9月下旬頃にはオレンジ色の花が群がって咲き、遠くからでもたいへん目立つ。

 この植物、多肉植物として、日本でも普通に栽培されているものである。さほど品種改良されているわけでもないので、自生しているものと日本で見るものと大きな違いはない。

 高さは50〜90cmほどになり、よく分枝して枝を直立するので、かなりの株になる。茎には長卵形のスプーン状の多肉の葉が密に着き、多肉植物としての姿はなかなか良い。葉の長さは4〜6cmほど、厚さは1cm近い。変異は多く、ときに葉の長さ10cmほどのものも見られる。葉の色は白粉を帯びた灰白緑色で、周縁は紅色を帯びている場合が多い。

 茎頂から花茎を伸ばし、長さ2cmほどの鐘状の花を多数垂れ下がるように咲く。花の数はかなり多く、1花茎あたり10〜20は咲き、ほとんどの枝に咲くので、株全体としてはかなりの花となる。

 かなり変種の多い植物で、葉の形態も楕円形のものから紡錘型のものまであり、矮性の小型もある。日本で多く栽培されるものの中に園芸名で「福娘」(ふくむすめ)(Cotyledon orbiculata var. oophylla )と称されているものは葉の長さはせいぜい2cmほどの紡錘形で、小型である。別種かと思うほど形が違う。

ホームページに戻る