エパクリス・ロンギフロラ

画像をクリックすれば拡大できます

 @植栽されたエパクリス(西オーストラリア州)
学名Epacris longiflora
和名
別名
英名native fuchsia, fuchsia heath
科名ツツジ科(←エパクリス科)
属名エパクリス属
性状常緑小低木(半蔓性)
原産地豪州
 鮮やかな紅桃色、先端が白色の筒状花が垂れ下がってたくさん咲く姿がなかなか美しい。ツートンカラーのコントラストがなかなか鮮やかである。

 花は長さ3cmほど、花筒の先端は5裂して、この部分は白色である。葉は小さく、卵状〜卵状披針形でやや硬く、茎に密に着く。その葉腋に複数の花が咲くので、花の数はたいへん多く、ほぼ周年的に咲く。高さ1〜1.5m程度になる灌木だが、細い枝をまばらに伸ばすので、樹形は整いにくい。

 シドニー近郊のオーストラリア東部の原産であるが、庭木としての利用が多いので、オーストラリアの西部でもかなり見ることができる。日本でも鉢花として流通している。

ホームページに戻る