エリスリナ・アカントカルパ

画像をクリックすれば拡大できます

@エリスリナ・アカントカルパの花(南アフリカ)

Aエリスリナ・アカントカルパ(南アフリカ)
学名Erythrina acanthocarpa
和名
別名
英名エリスリナ・アカントカルパ
科名マメ科
属名デイゴ(エリスリナ)属
性状落葉低木
原産地南アフリカ
  南アフリカケープ地方の比較的乾燥した地域で、朱赤色と緑黄色で咲き分けた花を見て、その美しさに目を奪われた。荒涼としたブッシュ群の中で、ひときは目を引く花である。始めは何の花だろうと思ったが、デイコの仲間のように思えた。

 デイコ属は100種以上の植物があるが、日本では南西諸島でデイコ、関東以西でアメリカデイコの2種が庭園や街路などに植栽されている。しかし、このエリスリナ・アカントカルパは日本ではあまり目にしない種類である、

 本種は高さ2〜3m程度の低木で、南アフリカの原産である。デイコ属の中では花が最も美しいものの一つと言われている。花は朱赤色で、先端部分は黄色か黄緑色のツートンカラーである。アメリカデイコなどでは大きな旗弁が目につくが本種では見えず、鐘状の萼が短い花茎に密に着く。しかも、萼は多肉状なので、花は団子状に着くような感じである。花は春に咲く。

ともかくエキゾチックな雰囲気の花である。

参照:アメリカデイゴ、デイゴ 

ホームページに戻る