ハマザクロ

画像をクリックすれば拡大できます

@ハマザクロの筍根(西表島)

Aハマザクロの筍根(西表島)
学名Sonneratia alba
和名ハマザクロ
別名 マヤプシギ、マヤプシキ
英名
科名ハマザクロ科
属名ハマザクロ属
性状常緑高木
原産地東アジア〜熱帯アジア、オセアニア、アフリカ東部
 マングローブを形成する樹種の一つであるが、西表島が北限の常緑高木で、耐塩性が強く、河口部の最も海側の干潟に生育する。

 ハマザクロの幹は直立し、幹の根元を中心にして放射状に浅く広く根を張る。そして、泥地から垂直に呼吸根を突き出すのが大きな特徴である。この呼吸根はタケノコのように見えるので、筍根と言う。また、真っ直ぐ立っているので、直立根とも言う。根には葉緑体があり、これも大きな特徴となっている。

 樹高20mにもなるが、日本では大きく育っても10数mm程度にしかならない。葉は卵型、多肉質で長さ5-8cm程度である。

 花は、4-5cmの大きさで、花弁はなく、白い雄しべが目立つ。果実は緑色で3cm程度の扁球形、多数の種子を含む。果実は海水に浮き、海流散布により分布域を広げる。

ホームページに戻る