カンガルーポーA レッドカンガルーポー

画像をクリックすれば拡大できます

@レッド・カンガルーポーの花
(写真は全て西オーストラリア州)

A植栽されたものと思えるレッドカンガルーポー

Bレッドカンガルーポー
学名Anigozanthos rufus
和名
別名 レッドカンガルーポー
英名red kangaroo paw
科名ハエモドルム科
属名アニゴザントス属
性状常緑多年草
原産地豪州
 花茎の上部が赤い毛で覆われ、花弁も赤いカンガルーポーが西オーストラリア州南部の海岸沿いの地域でかなり見られる。一部は植栽された園芸品種もあるように思えるが、自生しているものも多い。砂質土壌地帯に多い。植物体が大きく、花色が鮮やかな赤色なので、かなり目立つ植物である。

 剣状のアヤメに似た長さ30〜50cmほどの葉を叢生し、葉鞘から長さ1m以上の花茎を出すが、花茎はよく分枝する。その先端に6〜8個の花を着ける。花は筒状で長さ3〜5cm程度である。


他のカンガルーポーへのリンク
レッドアンドグリーンカンガルーポー
キャッツポー
ブラックカンガルーポー

ホームページに戻る