カンガルーポー Cブラックカンガルーポー

画像をクリックすれば拡大できます

@ブラックカンガルーポー(オーストラリア)
学名Macropidia fuliginosa
和名
別名 ブラックカンガルーポー
英名black kangaroo paw
科名ハエモドルム科
属名マクロピディア属
性状常緑多年草
原産地豪州
 黒色の毛で覆われた花茎に緑〜黄緑色の花を着けた姿は、幻想的な色合いであり、そのコントラストは絶妙である。カンガルーポーの名の付く植物であるが、カンガルーポーがアニゴザンツス属の植物なのに対して、本種はミクロピディア属の植物である。姿が何となく似ているので英名でブラックカンガルーポーと名付けたのであろうが、本種だけアニゴザントス属ではない例外である。

 自生のものは比較的少ないが、西オーストラリア州の沿岸部の砂礫地に自生する。

 花茎の高さは1〜2mとやや大きく、よく枝分かれ、先端に多数の花を着ける。花の長さは5〜6cm。葉は剣状で、長さ50〜80cm。ほとんどの葉は地際から叢生する。

 切り花が輸入されているが、日本での栽培はほとんど無い。


他のカンガルーポーへのリンク
レッドアンドグリーンカンガルーポー
レッドカンガルーポー
キャッツポー

ホームページに戻る