ギョリュウバイ

画像をクリックすれば拡大できます

@赤花(西オーストラリア州)

A白花(西オーストラリア州)
学名Leptospermum scoparium
和名ギョリュウバイ
別名
英名broom tea tree, tea tree, New Zealand tee tree
科名フトモモ科
属名レプトスペルムム属
性状常緑低木
原産地ニュージーランド、豪州
 ウメに似た可憐な小花が樹冠全体を覆うように咲く姿が美しい。ニュージーランドとオーストラリア原産の植物で、ニュージーランドでは国花になっている。オーストラリアでは東部に分布するとされているが、西部でもかなり見かける。栽培したものとは思えないものもあるので、野生化しているのかもしれない。

 花は白や桃色で、花径は1.5cmほどと小さいが、茎頂や葉腋に花が着くので、花数は多く、株を覆うように咲いてなかなか美しい。本種は日本ではギョリュウバイと言い、鉢花や盆栽樹として広く流通している。国際的にも栽培の多い植物で、濃紅色や八重咲きなど多くの品種が育成されている。

 樹高は3〜5m程度の低木である。葉は革質、針形や卵形で、長さは1cm前後と小さい。

 本種は英名でtea tree(茶の木)という。これは、初期の入植者がこの植物の葉をお茶の代わりに用いたことによる。しかし、同名のtea treeで別属のメラレウカ・アルテルニフォリア(Melaleuca alternifolia)があるので、区別する意味で本種をNew Zealand tee treeと呼ぶ場合もある。

 耐寒性は強いが夏の暑さにはやや弱い。日本での栽培は関東以西なら十分に可能である。

ホームページに戻る