レケナウルティア・ビロバ

画像をクリックすれば拡大できます

@(西オーストラリア州)

A(西オーストラリア州)

学名Lechenaultia biloba
和名
別名 レケナウルテア、初恋草
英名blue lechenaultia
科名クサトベラ科
属名 レシュノールティア属
性状常緑亜低木
原産地豪州
 「初恋草」の商標登録で売り出されて普及した鉢花である。清楚な青紫色で、花そのものも美しいが、名前も人気を呼んだように思えた。

  レシュノールティア(レケナウルティア)属にはおよそ20数種類の植物があって、そのほとんどが西オーストラリア州南部に分布している。そのなかでも、ビロバ種は最もよく知られている種類で、青紫色の花が株を覆うように咲いて、たいへん美しい。原野や潅木林の明るいところで見かけるが、満開時には思わず見とれてしまう。花は径1〜2cmと小さい5弁花で、縁には大きな皺(しわ)があるので、意外と大きく見える。

 高さは20〜30cmほどの亜低木で、葉は細く線形でまばらについて、かなり地味な姿である。

 同じ属の仲間も数種は流通している。本種以外ではレケナウレティア・フォルモサ(Leschenaultia formosa)も主要な種類の一つで、花は朱赤色である。また、種間交雑などで育成されたと思える品種も多く、花色は青、橙、黄、桃、赤など多彩にある。これらの品種群もまた初恋草と称しているようであるが、レケナウルティアの名前でもかなり多く流通している。
植物図鑑「レケナウルティあ

ホームページに戻る