マレーフトモモ

画像をクリックすれば拡大できます

@マレーフトモモの果実(タイ)

Aマレーフトモモの花(インドネシア)
学名Syzygium malaccense
和名マレーフトモモ
別名
英名Malay apple, rose apple,
科名フトモモ科
属名フトモモ属
性状常緑小高木
原産地マレーシア
 蝋細工のような独特の光沢が美しい熱帯の果物である。レンブミズレンブの仲間で、東南アジアのフリーマーケットではよく見かける。

 食味はレンブと似て、甘味、酸味ともに薄く、あっさりとした味である。主に生食する。果実は卵形で、大きさは径5〜7cmほど、果皮の色は主に濃赤色である。

 マレーフトモモは高さ15mにもなる高木で、樹冠は横によく広がる。葉は長楕円形で革質、光沢がある。花は紅色で、花弁は目立たず、長いおしべが目立って、なかなか美しい。枝の先端またはその付近に4〜5個ほどかたまって咲く。

 フトモモ科、フトモモ属には約500ほどの種があるが、果実を食する種が多い。

ホームページに戻る