メヒルギ

画像をクリックすれば拡大できます

@メヒルギの群落(西表島)

Aメヒルギの群落(西表島)

Bメヒルギの板根(西表島)
学名Kandelia obovata
和名メヒルギ
別名 リュウキュウコウガイ
英名
科名ヒルギ科
属名メヒルギ属
性状常緑高木
原産地鹿児島〜中国南部
 メヒルギはマングローブを構成する主要な樹種である。西表島など沖縄ではかなり雄大なマングローブがあるが、ヤエヤマヒルギ、オヒルギと本種は、いわば日本のマングローブを構成する三大種種である。

 メヒルギは、ヤエヤマヒルギが河口の海に近い潮間帯に生育しているのに対して、海岸からやや遠い上流部付近の泥地に大きな群落を形成する。塩分に多少弱い樹種と言うことでる。

 上記の三種の中ではもっとも寒さに強く、マングローブの樹種の中では最も高緯度地方に分布する。自生ではないが、伊豆半島にも大きな群落を形成している。マングローブの北限と言える。

 本種は汽水域の汚泥地などに胎生種子が漂着し、群落を形成する。幹の基部は板根状の気根を形成し、酸素を吸収する。当然に板根は植物を支える支柱根の役割も果たす。幹の基部だけ見るとヤエヤマヒルギやオヒルギよりも豪壮な感じを受ける。

 ちなみに、メヒルギ(雌ヒルギ)とオヒルギ(雄ヒルギ)は雌雄の関係ではなく、メヒルギの胎生種子がオヒルギのそれに比べると細くて、女性的な感じであることによる。

 樹高は15mほどになる直立する高木であるが、日本では普通は10mにならない。葉は長楕円形、革質、光沢があり、長さ5cm程度である。

 ヤエヤマヒルギやオヒルギと同様に胎生種子ができるが、長さは20〜30cm程度で、やや細い。胎生種子は海流に流され、分布域を広げる。沖縄より北部のマングローブは本種が優占種となる傾向が強い。

ホームページに戻る