ネムシア(マウンテン・ピー)

画像をクリックすれば拡大できます

@マウンテン・ピーの花

Aマウンテン・ピーの自生状況
学名Nemcia rubra (=Gastrolobium rubra )
和名
別名 ネムシア
英名mountain pea
科名マメ科
属名ネムキア属
性状常緑低木
原産地豪州
 西オーストラリア州スターリング山脈の麓付近の草原などで、鮮やかな朱赤色の花を着けたマメ科の低木があちこちに散在している。たいへん人目を引く花である。マウンテン・ピー(mountain pea:山の豆)という。

 花は房状で下向きに多数着く。つぼみのうちは茶白色の毛で覆われているが、花弁は紫がかった赤あるいはオレンジ色である。花弁の長さは2〜3cm、草丈は1〜1.5mである。葉は長楕円形〜卵形で長さ3〜8cmほど、対生する。

 日本では園芸植物としては利用されていないように思う。

ホームページに戻る