ヤエヤマアオキ(ノニ)

画像をクリックすれば拡大できます
学名Morinda citrifolia
和名ヤエヤマアオキ
別名 アカダマノキ、ノニ、ノニの木、モリンダ
英名Indian mulberry, great morinda
科名アカネ科
属名ヤエヤマアオキ(モリンダ)属
性状常緑低木
原産地インドネシア、インド〜東南アジア
 ヤエヤマアオキは沖縄や小笠原にも自生しているが、この名前よりもハワイの現地語である「ノニ」の方が、ノニジュース等を販売する業者が「健康食品」と称して宣伝していることもあって良く知られる名称のように思える。あるいは、属名の「モリンダ」の名でも健康食品として宣伝されている。

 高さ6mになる小高木で、樹冠は小さい円錐状になる。葉は楕円形、濃緑色で、長さ15〜25cm、葉脈が目立って美しい。この葉を観賞するために、幼植物の鉢植えが観葉植物としてときに流通している。白い花が咲き、液果が合着した集合果ができるが、これは卵形で、長さ5〜8cmほど、果皮は白〜黄白色である。異臭がするので実用的な果実とはいえない。

 しかし、インドネシアなどの東南アジアでは食用、あるいは民間薬として利用するようである。また、日よけ樹としてもかなり植栽されている。一方、材や樹皮は黄色、根は赤色染料になり、葉は食物を包むのに用いることもある。

ホームページに戻る