オオハマボウ

画像をクリックすれば拡大できます

@(石垣島)
 
A(石垣島)
学名Hibiscus tiliaceus
和名オオハマボウ
別名 ヤマアサ、ユウナ
英名beach hibiscus, linden hibiscus, mangrove hibiscus, mahoe
科名アオイ科
属名フヨウ(ヒビスクス)属
性状常緑小高木
原産地旧世界熱帯の海岸
世界中の熱帯地方の沿岸部に自生するハイビスカスの仲間の高木であるが、大きな黄色の花が美しい。日本でも南部の海岸地帯に自生している。

 花は鐘形で径9cmほど、中心部と雄蘂は赤または赤茶色で、そのコントラストはなかなか美しい。一日花ではあるが、総状に次々と咲く。葉は円形で先端が尖り、長さ10〜15cmほどである。樹高は10m前後になり、日本の海岸に自生するハマボウよりはかなり大型である。

 沖縄県では街路樹や公園樹、防風林として広く植栽されているが、自生している古木も多い。葉を密に着けたこんもりした樹形をつくる。古木ではかなり風格のある樹になる。

ホームページに戻る