レッドジンジャー(アルピニア・プルプラタ)

画像をクリックすれば拡大できます

@(タイ)

A(タイ)
学名Alpinia purpurata
和名
別名 レッドジンジャー
英名red ginger
科名ショウガ科
属名アルピニア(ゲットウ)属
性状常緑多年草
原産地東南アジア〜太平洋諸島
 大きな赤色の花穂が茎先に突き出して咲く姿が美しいゲットウの仲間である。群植された庭園でたくさん花が咲いている姿はエキゾチックで、いかにも熱帯的である。世界中の熱帯で広く植栽され、一部は野生化しているが、原産地のアジアで特に多く見るように思う。

 大型のアルピニアで、高さは3〜4mほどになる。花穂の長さは30cmほどになり、赤色の花弁状の苞が密に着く。苞の間からは白色の小さな花が咲くが、これは小さくてあまり目立たず寿命も短い。しかし、苞は長い間枯れず、色も褪せずに残るので、観賞期間は長い。

 葉は長楕円形で、長さ50cm程度になり、光沢のある緑色をしている。日本でもときどき鉢植えが流通している。

ホームページに戻る