ライスフラワー

画像をクリックすれば拡大できます

@ライスフラワー
学名Ozothamnus diosmifolius
和名
別名 ライスフラワー
英名rice flower, white dogwood
科名キク科
属名オゾタムヌス属
性状常緑小低木
原産地豪州
 茎の先端に着く小さな花序の個々の花はきわめて小さく径6mmほど、白または淡桃色である。あたかも米粒に似た花が多数着いているようである。それで、英名ではrice flower(ライスフラワー)という。なかなかユニークな姿の花である。

 高さ2.5mほどになる枝が直立する潅木で、よく分枝して株の幅は2mほどになる。葉は線形で長さ2cmほど、濃緑色であるが、裏面は毛で覆われ銀白色である。

 オーストラリア東部のクイーンズランド州からニューサウスウェールズ州の原産であるが、オーストラリアでは庭園樹としてもかなり植栽されており、ほぼ全土で見ることができる。また、切り花としても実用性が高く、経済栽培がかなり行われている。日本にも切り花を輸出している。

ホームページに戻る