スターアップル(カイニト)

画像をクリックすれば拡大できます

@マーケットで見たスターアップル(カンボジア)

Aマーケットで見たスターアップル。左は緑色品種(ベトナム)

Bスターアップルの着果状態(カンボイア)
学名Chrysophyllum cainito
和名スイショウガキ
別名 カイニット、ホシリンゴ、ミルクアップル
英名cainito, caimito, star apple, golden leaf tree, abiaba, pomme de lait, estrella, aguay
科名アカテツ科
属名オーガストノキ属
性状常緑高木
原産地中米〜西印諸島
 リンゴのような大きさの球形の果実は、果皮の紫色が美しい。ただし、萼の周りは緑色である。また、全体が淡緑色の品種もある。果皮は薄いが、蝋質が多く、光沢がある。果実の径は10cmほど。果肉は果皮と同色であるが、果実を割ると星型の模様が見られるので、スターアップルの名がある。

 果肉は柔軟ではあるが、多汁質と言うほどではなく、独特の風味があり、甘味は強い。普通は生食するが、なかなか美味である。

 高さは15m以上にもなる高木である。葉は常緑で楕円形、長さ15cmほどで、表面は光沢のある暗緑色であるが、裏面は黄金色に輝く。この葉の色は独特である。花は小さく紫がかった白色で、甘い香りがする。

 中米などの原産であるが、世界中の熱帯で広く栽培されている。高温性なので、日本では沖縄などの一部で栽培される程度である。

ホームページに戻る