テロペア・スペキオシッシマ


@テロペア・スペキオシッシマの花
(写真は拡大できません)
以下の画像はクリックすれば拡大できます

A同上

B白花品種 'Wirrimbirra White'
学名Telopea speciosissima
和名
別名 テロペア、ワラタ
英名waratah, New South Wales waratah
科名ヤマモガシ科
属名テロペア属
性状常緑低木
原産地豪州
 茎の先端に咲く朱赤色の花が美しいオーストラリア・ニューサウスウェールズ州(シドニーが州都)の州花である。花は朱赤色の管状花が松傘状に重なって球形の花序になり、その外側に同じ色の苞が包んでいる。その姿と色彩はたいへんに美しい。花序の径は10〜15cmはあり、かなり大きい。集合している小さな花は筒状で、開花すると長い花柱(雌しべ)が突き出る。

 テロペア(Telopea )の名はギリシャ語のTelopes(「遠くから見える」の意味)に由来し、赤い花が目立つことに因んでいる。それほどに印象的な花である。英名の waratahはアボリジニの言葉で「赤い花」を意味する。

 茎は細く、直立して高さ3mほどになる低木である、葉は長楕円形で革質、裏面には短い剛毛が生えて、葉の縁には粗いぎざぎざがある。

 テロペアは切り花用として広く商業生産されている。品種改良もかなり進んでおり、白花品種もある。日本へも輸出している。鉢花としても流通しているが、これは日本で生産されている。寒さには意外と強く、霜に当てない程度の管理で越冬する。

ホームページに戻る