テトラテカ

画像をクリックすれば拡大できます

@(西オーストラリア州)

A(西オーストラリア州)
学名Tetratheca spp.
和名
別名
英名black yeed suzan
科名ホルトノキ科(←トレマンドラ科)
属名テトラテカ属
性状常緑小低木
原産地豪州
 下向きに咲くベル状の花が可愛い小さな潅木である。株いっぱいに花が咲くとなかなか美しい。オーストラリアだけに原産する固有種で、砂礫地の草原や疎林地帯などの半日陰のような地域に広く自生している。

 テトラチカ属は約50前後の種類があり、いずれも高さ50cm前後の小さな潅木である。種類によって分布域は異なるが、北部を除いたオーストラリアの全土で自生が見られる。葉は細く2cmほどで小さい。

 花は鐘状の4弁花で、花の色は桃〜紫などである。中心部に黒色の目があるが、鐘状なので、あまり目立たない。葉腋から花柄を伸ばしてその先端に花を着けるので、花は小さいがきわめて多数の花が咲く。

 テトラテカ属の植物は鉢花として日本でも数種が流通している。なかでも、テトラテカ・ティミフォリア(Tetratheca thymifolia )の流通量が多いように思える。

ホームページに戻る