トックリヤシモドキ

画像をクリックすれば拡大できます

@(台湾)

A(タイ)
学名Mascarena verschaffeltii
和名トックリヤシモドキ
別名
英名spindle palm
科名ヤシ科
属名トックリヤシ属
性状常緑小高木
原産地マスカリン諸島
 名のとおりトックリヤシに似たヤシであるが、トックリヤシと違って幹は大きな「徳利」を形成しない。しかし、幹の上から出る羽状葉の姿はそっくりで、少し捩れながらアーチ状に集まって出る。

 幹は10mほどになり、トックリヤシの2倍以上になる。幹はあまり膨らまないが、多少は膨らむ。しかし、トックリヤシのように幹の基部が膨らむのではなく、中央部や上部がやや膨らむ程度である。トックリヤシは樹高が低いために庭園樹に多用されるのに対して、トックリヤシモドキは街路樹に広く使われる。

 このヤシ、トックリヤシと同じインド洋東南部のマダガスカルに近いモーリシャス諸島やレユニオン島などのあるマスカリン諸島の原産である。しかし、観賞用ヤシとして、世界各地の熱帯に広く植栽されている。観葉植物としても大鉢で出回っている。

ホームページに戻る