トーチジンジャー

画像をクリックすれば拡大できます

@(タイ)

A(中国・雲南省シーサンパンナ)

B(中国・雲南省シーサンパンナ)

C(ベトナム)
学名Etlingera elatior
和名トーチジンジャー
別名 カンタン
英名torch ginger, kantan, Philippine, waxflower
科名ショウガ科
属名トーチジンジャー属
性状常緑多年草
原産地東インド〜インドネシア
 株の基部の地下茎から1m以上の長いまっすぐな花茎を伸ばし、その先端にハスかボタンのような赤〜桃色の目立つ球形の花序を着ける。エキゾチックで、熱帯を彷彿させる感じの花である。火のついた松明(たいまつ)を連想してトーチジンジャーという。
 
 花序は苞で包まれており、これが目立って花弁のように見え、本当の花は小さくて目立たず、白か黄色の糸覆輪が入っている。花序の径は10〜15cmほどある。

 葉は細長く、長楕円形でショウガに似ており、光沢ある緑色、長さは80cmほどにもなる。草丈は2〜4mにもなる大形の多年草で、その大きさはかなり迫力がある。

 熱帯アジアでは公園や大きな庭園などの植栽されているのをよく見かける。切り花としても利用されている。若い花序は香味野菜として、種子は香辛料として、果実は果物として利用されるとのことである。高温性の植物であるから日本での露地植は不可能で、馴染みの薄い植物であるが、植物園の温室などに植栽されている。
 

ホームページに戻る