ヤエヤマヒルギ

画像をクリックすれば拡大できます

@ヤエヤマヒルギの幼木(西表島)

Aヤエヤマヒルギの呼吸根(石垣島) 

B広大なヤエヤマヒルギのマングローブ(西表島)

 C 上:ヤエヤマヒルギの胎生種子
中:メヒルギの胎生種子
下:オヒルギの胎生種子
学名Rhizophora mucronata (=R. stylosa )
和名ヤエヤマヒルギ
別名 オオバヒルギ、シロバナヒルギ
英名
科名ヒルギ科
属名ヤエヤマヒルギ属
性状常緑高木
原産地沖縄〜南アジア、オセアニア、東アフリカの熱帯、亜熱帯
 ヤエヤマヒルギはマングローブを構成する主要な樹種である。沖縄本島や西表島などではかなり雄大なマングローブがあるが、ヤエヤマヒルギは海に最も近い河口の潮間帯に生育しており、海岸付近には大きな群落を形成している場合が多い。塩分に強い樹種である。

 この木の大きな特徴は、 タコノキのような根を出すことである。幹の根本近くから多数の弓状の根を伸ばし、枝分かれしながら地面に入り込むので、タコノキのような姿になる。これは呼吸するための根であるが、同時に幹も支えているので支柱根でもある。

 樹高は8〜10mになる高木であるが、日本ではもっと低いものの方が多い。葉は厚い角質で楕円形である。

 夏に白い花が咲く。その後にできる種子は大きな特徴がある。胎生種子と言って、果実の先端から長さ30cmほどの棒状のものが伸びる。この胎生種子は熟すると果実から抜け落ちて、海流に乗って移動する。西表島や石垣島の海岸ではこの種子が砂浜に多数打ち上げられている。この海流散布によって分布を広げている。

 胎生種子を発芽させて鉢植えしたものが流通している。

ホームページに戻る