名古屋フラワードーム
 ナゴヤドームで毎年3月に開催されるフラワードームが10年前に初めて開催された時から、スーパーバイザーとフラワーディスプレイコンテストの審査員を委嘱されています。そして、主催者が行う特別展示の実施にも協力しています。主催者特別展示について、最近の状況を写真紹介します。

「花の動物園」主催者特別展示(2011)
 自然の造形はとても不思議です。園芸植物として身近にある花も、よく見ると不思議な形がいっぱいです。動物に似ている花もいっぱいあります。そこで、本年度は、春の花で動物に似た花を集めて「花の動物園」を開園する企画を立てました。兎も熊も猿も犬も猫も虎もカンガルーも皆仲良く全員集合と云うわけです。
 特別に珍奇な植物というよりも、園芸店で流通している普通の花で、動物に似た花を系統的に展示してみました。それでも、約40種を集めることができました。たいへん好評で、毎日、展示コーナーに入る長い行列ができました。まさに、自然の不思議さを堪能してもらったように思いました。
企画制作:米村花きコンサルタント事務所
デザイン:「花工房むらしま」
開催日:2011年3月11日〜14日

フラワードームを上から眺めた風景

花の動物園入り口。熊のトピアリーが園長。

小動物に似た花のコーナー

鳥に似た花とランのコーナー

卯年のなの、ウサギゴケを本格展示

魚や水生動物に似た花のコーナー

中〜大動物に似た花のコーナー

長蛇の行列


オーストラリアのワイルドフラワー主催者特別展示(2010)
 オーストラリアは、いわば孤立した大陸で、動植物は独特な進化を遂げており、ユニークな形態をした植物が多数あります。そして、オーストラリア大陸にだけしかない固有種が1万6千種も存在します。最近は、このオーストラリア固有種が園芸植物として重要な位置を占めるようになっています。そこで、オーストラリアの植物がいかに身近なものになっているか、そして、これらの植物群がいかにユニークな形態をしているか、などを紹介する企画を考えました。そして、植物だけを単純に並べてお見せするのではなく、オーストラリアの自然の雰囲気を再現するようなディスプレイの中で植物を紹介する企画を立てました。収集した植物数は80種ほどになります。
企画制作:米村花きコンサルタント事務所
デザイン:「花工房むらしま」
開催日:2010年3月12日から17日

最もオーストラリアらしい雰囲気の植物として、グラスツリー(ブラックボーイ)を選びました。荒れた原野に、シルバーリーフ系の下草が生えているような雰囲気のなかに、3本のブラックボーイを配しました。

木生シダとしては珍しい温帯性の大型種であるディクソニアも展示しました。

生きた化石と言われるジュラシックツリーも展示しました。

左右に花壇を配置した雰囲気のテラス風のルームに、ブラッサイアやカンガルーアイビー、コルジリネなどの固有種の観葉植物類を飾りました。

ユニークな花形のコーナーではカンガルーポーやグレベリア、テロペア、カリステモン、バンクシアなどの奇妙な花形をした固有種で花壇をデザインしました。

香りの植物のコーナーでは、レモンマートル、ティーツリー、レモンユーカリなど、オーストラリアならではの香りの良い植物を集め、植え込み風にデザインしました。

手前がユーカリの森で、特徴あるユーカリを集めて植え込みました。後方はカラーリーフのコーナーで、シルバーリーフ系の植物をを中心にオーストラリアならではの植物を植え込みました。

オーストラリア原産植物だけでアレンジしたものも展示しました。

入り口のすぐ横の壁面の花壇。

この展示コーナーは、長い行列ができ、たいへんに好評でした。


南アフリカの植物の主催者特別展示(2009)
 南アフリカは野生植物の宝庫で、重要な園芸植物には南アフリカ原産の植物が多数有ります。我々の日常生活の周辺にいかに南アフリカの植物が多いかを見ていただこうとする企画を立てました。しかし、ただそれらの植物を並べて紹介するというのではなく、南アフリカの自然の雰囲気を再現するディスプレイの中で、植物を紹介するようにしました。
企画:米村花きコンサルタント事務所
デザイン・展示:岐阜国際園芸アカデミー武田純教授
開催日:2009年3月12日から18日

岩山を背景にしたワイルドフラワーの花盛りの風景をイメージしました。

アロエなど多肉植物を乾燥地の雰囲気を出すようにして展示しました。

岩山を背景に、サンセベリアの種類を集めて乾燥地の雰囲気を出す展示をしました。

南アフリカのイメージを感じるカラフルな原色系で入り口を構成し、窓から珍しい植物を見るようにしました。

窓を覗けば大きな葉が1枚しかない変わった植物のストレプトカーパスを展示しました。

南アフリカの展示コーナーは人気コーナーでした。


mail
米村花きコンサルタント事務所