ホームページに戻る海外の花き情報inndexへ

外国の街角で見た花風景


インドネシアの街角で見た花のある風景

インドネシアでは、花が広く使われ、生活に余裕が感じられる。ちょっとした住居の庭園は概して美しい。公共庭園もかなり美しい。カラフルな観葉植物類を特徴を活かした熱帯ならではの庭園で、温帯庭園とは全く雰囲気が異なる。インドネシアンガーデンと呼びたくなる雰囲気がある。結婚式にもかなり花を使うようだ。



結婚式を行っている時はこのような飾りが立つ。ココヤシの葉で作る。この飾りは結婚する家にも立つので各地で見かける。


披露宴の会場内は花いっぱい。豊かな人の結婚式と思えるが、それでもこれだけの花を使うとは凄い。

披露宴会場の入り口には花のアーチ。

式場に入る通路にも花飾りが並ぶ。



たいへんにカラフルな植栽が見事。石ともうまく組み合わせている。個人住宅の前庭。

やはり個人住宅の玄関前。アンスリウムの古木がポイント。

色彩の変化というよりは、茎葉の変化が引き立つ植栽。

平凡ながら落ち着いた栽植と色彩。

ロータリーの植栽。

緑葉だけで植え込んだビルの空間。いわば観葉植物の庭。

道路の中央分離帯の植栽も美しい。

熱帯らしい風景

ホテルの前庭




ホームページに戻る海外の花き情報inndexへ