ホームページに戻る海外の花き情報inndexへ

外国の街角で見た花風景


パースの街角で見た花の風景

西オーストラリアの州都パースは美しい街だ。9〜10月の春は、町並みも家庭の庭も花がたいへんに美しい。特に、オーストラリア原産の植物が主役なので、北半球とは趣を異にする。生活と土地にゆとりを感じる風景が多いように思える。

近郊の住宅で、数軒が競ってガーデニングを楽しんでいる。ただし、景観が連続しているのに関心した。
豪州原産植物が主役。ちょうど花満開で美しい。
歩道の両側も美しい花壇。これも個人の管理なのが面白い。
外向きの美しい栽植。
外向きの美しい栽植。
建物北側の植え込み。
歩道横のきれいな植え込み。
路側の植え込み。個人が植えている。
豪州ならではの生け垣。
シマナンヨウスギの美しい並木。
市内の公園。木にはオウムがたくさんいた。
パース駅前の通り。植木や花を植えたボックスがたくさん置かれている。

ホームページに戻る海外の花き情報inndexへ