ホームページに戻る海外の花き情報inndexへインドネシアの花

インドネシアの花
切り花生産鉢物生産鉢花産直【花屋】【植物園】花市場花風景【農村風景】
2009.12.10
街角で見た花屋さん

 ジャワ島のボゴール、レンバンなどでの市内で見た花屋街から受けた印象は、10年以上前に何回か訪ねた昔のインドネシアとはすっかり様変わりして、花が一層大衆化していると思えた。フリーマーケットの一角には、大衆的な花屋さんが並んでいるが、そこで売られている花はアイテムはやや少ないものの、品質は、それなりのものであり、昔に比べれば格段の違いがある。特に、高原の花産地スカブミなどから送られてくるものはなかなかの品質のように思える。そして、女の子なども会に来ているところを見るとかなり花の大衆消費化が進んでいるように思える。生活水準も高くなっていると見るべきであろう。

ボゴール市内で見た花屋さん

道端に並んだ花屋さん街。道路にはみ出して商品を並べている。

同じ規格の小さな花屋さんが10軒以上並ぶ。お客さん用の通路まで占領してアレンジ花の製作などの作業をしている。

店舗と云うよりは露天売りのような花屋もある。

スプレイギクやバラの品質はなかなかのもの。スカブミ産とのこと。10本束で販売している。

販売していたアレンジ花
バンドン市内で見た花屋さん


ボゴール市内には写真のような落ち着いた雰囲気の建物が3棟並んだ花屋さん街がある。前には広い駐車場がある。

中学生か高校生の女の子がバラの1本束を買っていた。

このような雰囲気の花屋が10数軒並ぶ。
いろいろな盛花やアレンジ品も販売していた。右端は結婚式用(結婚式の花風景はここをクリック)