ホームページに戻る海外の花き情報inndexへインドネシアの花

インドネシアの花
切り花生産鉢物生産鉢花産直【花屋】【植物園】花市場花風景【農村風景】
2009.12.10更新2011.4更新
ジャワの鉢物生産

 インドネシアは観葉植物や花壇苗を家庭や公共の庭園で消費する量が意外と多いように思える。ジャワ島の高原地帯にあるバンドンやレンバン、スカブミなどの都市周辺だけでもいくつかの鉢物生産組合があり、大きい組合ではメンバーが数百人規模であったりする。国内全体ではかなりの生産農家数になると思われ、また企業的な農園もあるが、特に統計資料はない。ちなみに、観葉植物類はインドアープランツでもあると同時にガーデニング素材や植木でもある。鉢物産地に行くと埼玉の安行や愛知の稲沢、福岡の田主丸のような植木産地の雰囲気を感じる。ここでは、企業農園ではなく普通の農家が生産している鉢物の状況を紹介したい。

追記(2009):この国は熱帯高冷地の天恵の気候に恵まれた広大な地域があり、将来、花きの輸出産地として発展するであろうと予測していたが、近隣のマレーシア、ベトナムなどが発展しているのに対して、国際的な産地としては遅れを取っている。観葉植物類などで多少は輸出しているようであるが、日本への輸出は少ない。そのうちに発展するのであろうか。

追記(2011):インドネシアにも当然のことながら富裕層は多く、コチョウランの消費はかなりあるようだ。



コチョウランなどを生産している近代的なハウス群

大規模な鉄骨ハウスの中で生産されているコチョウランは全て国内消費向きとのこと

木造の規模の大きいコチョウラン生産ハウス。国内消費向け。
観葉植物の輸出用商品の展示ハウス。韓国へかなり輸出しているとのこと。

以下は1999年当時の生産状況

カラフルな観葉植物類の生産農家の風景。草花類も少し作っている。
黄色いのはマリーゴールド。ここの農園は草花類が多い。
カラフルな観葉植物類の生産農家の風景。
鉢の姿を見るとほとんどが極薄手のポリエチレンフィルムの包装用の袋や、フィルムをホッチキス止めして作った袋などに土を詰めたもので栽培している。基本的には苗生産をしていることになる。
上の写真と異なって、ここではプラスチック鉢で仕上げた鉢物を生産している。この場合はインドアプランツ専門と考えれば良さそう。やや珍しい。
同左。ブルーの鮮やかな塗装が美しいハウス。吊り鉢やプラ鉢で商品生産している。
このような立派なポットマムを作っているところもある(これは企業農園)。陰性の観葉植物を栽培する寒冷紗張りの施設。